<ハンディキャップ対応リフォーム>

プロデュース by BMIデザイン

1、車椅子のまま自宅へ入りたい。

・高低差の大きな道路・駐車場のからのアプローチ対策。


2、古い木造住宅でもエレベーターを付けたい。

・昭和56年以降(新耐震基準)でしたら、基本的には設置も可能です。


3、寝室に機能的で衛生的な快適トイレやシャワー室が欲しい。

・病院や福祉施設(介護ホテル)などで設置されている衛生設備を、一般住宅にも設置出来ます。


4、各部屋に車椅子でも自由に出入り出来るドアにしたい。

・可能な限り引き戸を用いて、出入りし易い車椅子通路を確保します。

5、車椅子でも便利で素敵な洗面台が欲しい。

・デザイン面や機能性を考えて、ご希望に合う洗面台をご提案致します。

6、車椅子でも自慢の料理が作れるキッチンが欲しい。

・機能性は勿論のこと、デザイン面でも素敵なキッチンをご提案致します。

7、滑りにくい床材にして欲しい。

・一般的にはウレタンなどの滑り易い床材が用いられてますが、オイル仕上げなどで靴下を履いたままでも滑りにくい床材をご用意しています。

8、照明器具やスイッチ類は全てリモコンで遠隔操作したい。

・通常壁面についているスイッチを、ワンタッチで外して遠隔操作可能なリモコンスイッチにします。

9、機能性とデザインを兼ね備えた住まいにしたい。

・とかく実用性だけでリフォームをしてしまうと介護専用住宅になってしまいますので、機能性を最大限確保し、かつデザインされた素敵なライフスタイルをご提案致します。

10、就寝以外は家の中や外出する際にも、車椅子のまま自由に移動できる生活にしたい。

・車椅子での移動を最優先に基本計画し、そこに付加価値として最新設備やデザインに優れた製品を取り入れる事で、精神面でも明るく活動的になれる住まい造りを心掛けております(お友達やご友人を招き入れたくなる空間)